デブから始まる負の連鎖

デブから始まる負の連鎖は

本当にあるのでしょうか。

 

 

数ヶ月前よく自分が太ったな感じることが

よくありました。

 

 

単純にお腹を触ると、下っ腹がででおり、

心なしか二重顎になっているような気がします。

 

 

しかしながら、多少太ったところで、

あまり影響はないだろうと軽んじておりました。

 

 

この甘さが更に体重増加を生み、気付いた時には

所謂デブと言われる体型になってしまいました。

 

 

さてこの頃から、負の連鎖が始まります。

 

 

気持ちの緩みが目立つようにようになり、

毎日着るスーツもアイロンをかけることもなくなり、

身だしなみも以前と比べたら最悪です。

 

 

続けていたランニングも面倒だから

やらなくなりました。

 

 

全てにおいてだらしない毎日を過ごすように

なってしまいました。

 

 

当然仕事で成果に繋がるわけもなく、

日常生活でも彼女ができるわけでもなく

最悪の日々です。

 

 

太ることは自分が思っていた以上に悪影響が

あるのだなと痛感しました。

 

 

太るのは簡単ですが、痩せることはそう簡単には

いきません。

 

 

落ちるところまで落ちやせようと決意した

自分ですが、もう太りたくないです。

 

会社の制服がバロメーター

私は普段ゆったりした服装を好んで着ているし

体重計に乗る習慣もないので、多少太っても

なかなか気づきにくいです。

 

でも、会社の制服だけは上下ともにピシッと

タイトな事務服なので、職場で制服に着替えている時、

お肉のおさまりが悪くて太ったかも!と気づいてしまいました。

 

最近随分甘いものを食べすぎていたんですよね・・・。

 

私にとって入社した時のサイズの制服が、

今の体型のバロメーターになっています。

 

仕事や学校で制服がない人でも、自分のベストの

体重の時にぴったり合ったタイトで生地が伸びにくい

服を1着持つことはお勧めです。

 

月に1回でも定期的に袖を通してみると、自分の

体型が今どうなっているか客観的に感じ

取ることができます。

 

体重が増えてなくてもむくんだりしてスタイルが

崩れているのも分かりやすいですね。

 

いい感じに体形がキープできている時は、

服を着た時にびしっと決まってますます

体型維持のモチベーションがアップすると

言う効果もありますね。

 

私はクリスマスまでを目標にどうにか制服が

ぴったりのスタイルに戻れるよう間食を

我慢しようと思います!

 

 

若い頃は痩せていたのに中年太りがひどいのです

若い頃は痩せていたのですが、

40代を過ぎて大幅に太ってしまいました。

 

昔着ていた洋服などもことごとくサイズが

小さくなり、ジーンズなども家族にあげる羽

目になってしまいました。
(もらった家族は喜んでいましたが)

 

普段からそんなに食べている自覚はなく、

間食もめったにしませんが、若い頃とは

代謝機能が大幅に違うのだろうなと感じます。

 

また若い頃はよく運動もしており、適度に

筋肉もついていたため太りにくい体質

だったのだろうと思います。

 

今はめったに運動もしないので、全身タプタプ

していて浴室の鏡に映る自分の体はあまり

見たくはありません。

 

私の家族は他にも太っている人はいますが、

すごく痩せている人もいて同じ家族なのに

何が違うんだろうと考えてしまいます。

 

生まれつきの体質もありますが、やはり

運動不足と加齢による部分が大きいのでしょうね。

 

数年前に買った当時はサイズぴったりだった

お気に入りのジャケットがあるのですが、

これだけはいつか痩せてまた着られる日が

来たときのためにと手放すことができません。

 

このジャケットがまた着られるように

なりたいので、絶対に痩せたいです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です