10キロ以上太ってしまい・・・

8ヶ月前に計った頃と比べ実に

10キロ以上太ってしまいました。

 

 

普段からあまり意識して体重を計る癖の無い私でしたが、

それでもここ1年での体型の変化が激しく、先日と

ある入浴施設で体重計に乗ったところ。

 

 

8ヶ月前に計った時よりも実に10キロ以上体重が

増えてしまっており、ちょっとしたショックを

受けてしまいました。

 

明らかに変化した部分はやはりお腹周り。

 

 

それまで楽勝で入っていたパンツがキツキツになり、

ベルトの穴も全く余らなくなってしまい、

ようやく事の深刻さに気付いた次第です。

 

ここのところストレスが溜まる様な出来事が続き、

また継続して運動を出来る様な気力も無く、

ひたすら食べてストレスを解消しようとしていれば

この様な体型になってしまうのも仕方ありません。

 

上着を着れば何とか誤魔化せるレベルに

留まっていたのが、対処を遅らせる原因と

なってしまったのですが、それにしても、

裸になってみると太り過ぎという印象を

拭う事は出来ません。

 

とりあえずはストレス解消の為に際限無く食べる

という行為を止め、運動に対してのモチベーションを

少しづつ上げてゆくより他はありません。

 

少しでも早く以前のレベルの体型と

体重に戻したいものですが…。

 

私が太りすぎて困ったこととその後

私は一時期太りすぎていたことによって体に

様々な変化が生じてしまっていました。

 

まず初めに起こったのは軽度の肉割れ線が

できてしまったことです。

 

 

時すでに遅しではあったのですが、その時に

これは本当にまずいかもしれないと感じました。

 

 

それだけではなく、階段を少し上っただけでも

かなりの疲れを感じたり、疲労が溜まりやすく

なっているのが明らかに体でわかる状況でした。

 

 

一度、電車の時間に間に合いそうにない時があり

短い距離を全力で走っていったことがあったのですが、

その時は息が荒い時間がとても長く体調が悪いと

感じるところまで至ってしまいました。

 

 

このままでは本当に危ないと感じた私は少しずつ

日常の中に運動を取り入れていき、ダイエットを

することに決めました。

 

 

今でもまだ太っていると言える体重ではありますが、

定期的な運動を取り入れることで以前よりも

しんどいと感じる瞬間が圧倒的に少なくなりましたね。

 

 

例え太っていたとしても体を動かすということは

大切にしないといけないと感じました。

 

これまで余裕で入っていた服が

 

これまで余裕で入っていた服が入らなくなり

似合わなくなってくる悲しさ。

 

 

太ってくると本当に何を着ても

似合わなくなってしまいますよね。

 

数年前に気合を入れて、高いお金を出して

買ったボトムスが全く入らなくなるのは確かに

辛いのです。

 

 

それ以上に、インナーを考慮し十分余裕を

持って買った筈のアウターまでもが、

ピッチリ余裕が無くなってしまい、シュッとした

精悍さが無くなってしまっているのはショックでした。

 

元々頭が大きく、決して体型的に恵まれていた

訳ではありませんから、服の調整で誤魔化すしか

なかったのです。

 

 

太り過ぎてしまうとそれも到底無理となってしまい、

打つ手が無くなってしまうのです。

 

ある人に「胴体が太くなる分、相対的に頭が

小さくなって良いのでは?」と言われた時は、

さすがにムッとなってしまいました。

 

 

元はと言えば自分自身の責任ですから

返す言葉も無く、かなり落ち込んだのは

言うまでもありません。

 

それでも今は少しでも太った体型を改善しようと

ダイエットに取り組んでいます。

 

 

まずは徹底的に食を控える事から。

先は長いですが、頑張るしかありませんね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です