しらない間に太りました

結婚出産後に16キロ太り、10年後に

ダイエットで8キロ痩せましたが、それから

10年後の今、また太り始めました。

 

 

私の太った原因は、年齢と日常の食生活と

運動不足だと思っています。

 

何を食べても太りやすくなったように思います。

 

実際、一度に摂る食事の量は少ないのですが、

肉食が多いし、間食もあまり食べていませんが

0では無いです(笑)

 

後は、身体に病気を持っているので、

運動が出来ないというのも大きいと思います。

 

以前8キロ痩せて6キロ戻り、お肉の付く場所が

お腹周りと太ももになっていて、着る洋服も

ゆったりとしたワンピかチュニックを

着ていたせいなんだろうなぁ…と。

 

ウエストのサイズが驚くようなサイズに

なっていました。

 

太ると一番に困るのは、服のサイズです。

 

 

そして、何を着てもお肉が邪魔をします。

 

だから最近は自力で痩せようと色々と試みています。

 

最初は夕食時間を早めることを意識していましたが、

どうしても早くに食べるのが難しく、断念。

 

 

次はキャベツダイエットを頑張ってみました。

 

 

これは食事の前に山盛りキャベツを食べること、

ですが、これを2週間続けてみましたが「効果なし」
安定した食事生活を継続することの難しさを痛感。

 

今は呼吸法をしています。1日のどこかで

必ず腹式呼吸をしています。

 

 

「台所で立った時」「お風呂に入った時」

「運転しながら」「コタツで横になった時」

どこででも出来る腹式呼吸でしばらくは

頑張ってみます。

 

 

太ったと実感する毎日……

私が太ってしまったと自覚するのは、口の中を

よく噛むようになってしまったときです。

 

 

外見などにも体重の変化は出ているとは思いますが、

服装でごまかすこともある程度はできます。

 

 

しかしながら、口の中を噛むというのは痛みを

伴うのでとてもしんどいです。

 

 

ご飯を楽しく食べていても、不意に思いっきり

噛んでしまうので困ってしまいます。

 

 

また、私は以前は痩せていた時期もあったので、

その当時と今の差を比べるとかなり

太ってしまったと実感しています。

 

 

体重の変化はもちろんですが、シャワーを

浴びて身体を洗うときにふと前よりも

太くなってしまった足に悲しくなったり、

今まで楽に履けていたデニムパンツが

キツキツになってしまったときには

残念な思いになったりします。

 

 

周りの人たちにも前より太ったと思われているでしょうし、

恥ずかしくてたまらないです。

 

 

以前よりもお酒を飲む頻度が上がったことが太った原因だと

思うので、お酒を減らして少しずつでも痩せていけたら良いと考えています。

 

顔の印象が変わったのは、太ったのか、むくみなのか

寝起きの顔が今一のことは、まあ、ありますよね。

 

寝ているときの姿勢や、前日の夜に食べたものの

影響で、顎がズレたり、体が浮腫んでいたりすると、

ちょっと不細工な感じになります。

 

洗顔やシャワーで体が目覚めて、体温が上がり、

血液が循環してくると、いつもの調子を

取り戻してきます。

 

 

着替えて、メイクが完成するころには、

いつもの対外的な凛とした顔つきになっているはず。

 

 

その日は、晴れやかに出かけられそうです。

 

 

でも、メイクもスタイリングも完了したのに、

なんだか今一のときがあります。

 

いつもより可愛げがなかったり、何となく老けた

印象だったり、いつもの自分らしい魅力が欠けているとき。

 

鏡の中の顔の細部まで凝視して、肌の様子や目元の

隈を点検し、妙な老け感の原因を探して焦りますが、

どこが悪いのか分からない。

 

 

この妙な老け感や、今一な印象の顔は、乾燥や

お肌のハリの影響もありますが、単純に、

太ったり浮腫んだりしていることが原因だったりもします。

 

 

顔のバランスが変わり、顔の重心が下に下がったり、

横に広がったりすると、妙におばさんっぽさが

出てきてしまうので、要注意ですね。

 

 

 

10キロ以上太ってしまい・・・

8ヶ月前に計った頃と比べ実に

10キロ以上太ってしまいました。

 

 

普段からあまり意識して体重を計る癖の無い私でしたが、

それでもここ1年での体型の変化が激しく、先日と

ある入浴施設で体重計に乗ったところ。

 

 

8ヶ月前に計った時よりも実に10キロ以上体重が

増えてしまっており、ちょっとしたショックを

受けてしまいました。

 

明らかに変化した部分はやはりお腹周り。

 

 

それまで楽勝で入っていたパンツがキツキツになり、

ベルトの穴も全く余らなくなってしまい、

ようやく事の深刻さに気付いた次第です。

 

ここのところストレスが溜まる様な出来事が続き、

また継続して運動を出来る様な気力も無く、

ひたすら食べてストレスを解消しようとしていれば

この様な体型になってしまうのも仕方ありません。

 

上着を着れば何とか誤魔化せるレベルに

留まっていたのが、対処を遅らせる原因と

なってしまったのですが、それにしても、

裸になってみると太り過ぎという印象を

拭う事は出来ません。

 

とりあえずはストレス解消の為に際限無く食べる

という行為を止め、運動に対してのモチベーションを

少しづつ上げてゆくより他はありません。

 

少しでも早く以前のレベルの体型と

体重に戻したいものですが…。

 

私が太りすぎて困ったこととその後

私は一時期太りすぎていたことによって体に

様々な変化が生じてしまっていました。

 

まず初めに起こったのは軽度の肉割れ線が

できてしまったことです。

 

 

時すでに遅しではあったのですが、その時に

これは本当にまずいかもしれないと感じました。

 

 

それだけではなく、階段を少し上っただけでも

かなりの疲れを感じたり、疲労が溜まりやすく

なっているのが明らかに体でわかる状況でした。

 

 

一度、電車の時間に間に合いそうにない時があり

短い距離を全力で走っていったことがあったのですが、

その時は息が荒い時間がとても長く体調が悪いと

感じるところまで至ってしまいました。

 

 

このままでは本当に危ないと感じた私は少しずつ

日常の中に運動を取り入れていき、ダイエットを

することに決めました。

 

 

今でもまだ太っていると言える体重ではありますが、

定期的な運動を取り入れることで以前よりも

しんどいと感じる瞬間が圧倒的に少なくなりましたね。

 

 

例え太っていたとしても体を動かすということは

大切にしないといけないと感じました。

 

これまで余裕で入っていた服が

 

これまで余裕で入っていた服が入らなくなり

似合わなくなってくる悲しさ。

 

 

太ってくると本当に何を着ても

似合わなくなってしまいますよね。

 

数年前に気合を入れて、高いお金を出して

買ったボトムスが全く入らなくなるのは確かに

辛いのです。

 

 

それ以上に、インナーを考慮し十分余裕を

持って買った筈のアウターまでもが、

ピッチリ余裕が無くなってしまい、シュッとした

精悍さが無くなってしまっているのはショックでした。

 

元々頭が大きく、決して体型的に恵まれていた

訳ではありませんから、服の調整で誤魔化すしか

なかったのです。

 

 

太り過ぎてしまうとそれも到底無理となってしまい、

打つ手が無くなってしまうのです。

 

ある人に「胴体が太くなる分、相対的に頭が

小さくなって良いのでは?」と言われた時は、

さすがにムッとなってしまいました。

 

 

元はと言えば自分自身の責任ですから

返す言葉も無く、かなり落ち込んだのは

言うまでもありません。

 

それでも今は少しでも太った体型を改善しようと

ダイエットに取り組んでいます。

 

 

まずは徹底的に食を控える事から。

先は長いですが、頑張るしかありませんね。

 

 

 

肥満の人は冬が大好き!?

太っていてよかったと思うこと、

それは冬暖かいこと、これに尽きます。

 

 

冬場、みんなが暖房の効きが悪い室内で作業している時、

外出時、寒い、寒くてしかたがないと思われると思います。

 

 

しかし、太っている陣営はむしろウキウキ、

あんなに死にそうに辛かった夏が過ぎゆき、

ついに寒い季節がやってくる。

 

 

女性の方なんかは信じられないかもしれませんが、

男が太っていくと、びっくりするほど暖かいのです。

 

 

最高気温12℃ちょうどいいねなのです。

 

 

ダウンジャケットなんかを買ってみた冬も

ありました、汗だくです。

 

 

冬場の汗は自分でもイヤなのです。

 

 

だから普通に薄着。それでなんにも寒くありません。

 

 

それが太っていていいこととしか言えません。

 

 

XLサイズの服にさえ身体が収まれば、

服が着れないと嘆くこともなく、暖かな

ぽっちゃりおなか。

 

 

ぽっちゃりさんは冬大好きなのです。

 

 

あなたも一㎏だけ冬に太ってみませんか?

びっくりするほど冬が快適に過ごせるように

なりますよ。

 

私のストレス太りについて

現在、私は太りすぎてしまい、

悩んでおります。

 

何故かというと、自分の好みの服がお腹や

腕に肉がついたことによって、着られなく

なってしまったからです。

 

5~6年前はMサイズの服が着られた身体も、

今はXLサイズの服じゃないと着られませんし、

体重が重くなったので、外を歩いていてもすぐに

身体の重さで疲れてしまうようになってしまいました。

 

原因はストレス太りで、お菓子をたくさん

食べてしまう事にありました。

 

せめてLサイズの服が着られるように、

夜にお菓子を食べるのをやめ、たまに

ウォーキングしたりしたのです。

 

 

一度付いた肉はなかなか落ちず、病院で

採血をしたら中性脂肪の値も平均より

二倍多くなっていて、今は病院で中性脂肪を

下げる薬を使いながら、自分自身でもやせる

努力をしています。

 

特に気を付けているのが三食の取り方です。

 

必ず一番目に食べるのが、生野菜です。

 

 

ご飯は絶対最初に食べると血糖値が上がる

そうなので、太りやすくなるそうです。

 

生野菜は水溶性食物繊維と言って、

血糖値だけではなく、脂肪の吸収も抑えてくれる

そうなのでやせるにはとても良いという事が

わかっています。

 

だから、今は必ず食べる順番を守って三食を

取ると体重が増えず、少しずつ減っています。

 

後は適度な運動をして、来年の春には

ワンサイズ下の服が着られたらいいなと

思っています。

 

 

太り過ぎて他人と会うのが嫌

 

太り過ぎて他人と会うのが嫌ならいっそそれを

活かしダイエットを。

 

 

太り過ぎると体型自体もかなり醜く

変化してしまいますが、それだけでなく

顔も丸っこくなり顎の下もいつしか弛んでくる等、

直接目に見える部分の劣化が気になり出すのも大きな欠点。

 

特に個人を強調する顔の輪郭が変わってしまうのは

恥ずかしく、かつ面倒で、久しぶりに会った知人からも

中々自分だと認知してもらえず、実際に話してみて

ようやく気が付いた、というレベルなのです。

 

まだ精悍だった頃の私の顔を知っている人ばかりであり、

正直太っている今の状況の私を見られるのは嫌なのですが、

それでも古くからの付き合いで会わない訳にはいかず、

それだけで相当量のエネルギーを費やします。

 

現在は他人と過ごし太り過ぎた身体を晒すよりも、

プレッシャーを受けず、1人でのんびりと自然相手に

過ごした方がマシ、とまで思える様になっています。

 

それならいっその事、自然の中にいる自分を活かし

山歩き等でダイエットした方がいいかも知れない、

と思う様になり、遅れ馳せながら幾つかの用具を準備し、

備えている最中なのです。